東京五輪柔道代表 素根輝選手が記者会見

東京五輪柔道代表 素根輝選手が記者会見

2020年の東京五輪の柔道代表に内定している岡山市のIPU・環太平洋大学の素根輝選手が記者会見し、決意を語りました。

IPU・環太平洋大学で開かれた記者会見には、素根選手や古賀総監督らが出席しました。
素根選手は、11月、柔道のグランドスラム大阪大会の決勝で、ロンドン五輪金メダリストの強豪キューバのオルティスと対戦。
延長で、素根は大内刈りで技ありを奪って優勝。
五輪代表に内定しました。
初の五輪で目指すのは世界のトップです。
また、柔道部を指揮する古賀総監督も、素根選手の金メダルに期待を寄せます。
岡山県勢では、女子マラソンの前田穂南選手に続いて2人目の内定です。
東京五輪が決まった時は、まだ中学1年生だったという素根選手。
記者会見でも金メダルを取りたいと繰り返す姿が印象的でした。
2020年の活躍を期待したいですね。