全国高校駅伝 郷土勢健闘

高校生ランナーが師走の都大路を駆け抜ける「全国高校駅伝」が京都市で開かれ、男子の部では倉敷高校が2位、女子の部では興譲館が4位に入りました。

倉敷高校は全国最多の42年連続出場で、2連覇に挑みました。
1区石原、2区山下は堅実な走りで先頭集団につけました。
勝負をかけた3区。
8位でタスキを受けたケニア人留学生キプラガットが豪快な走りで7人を抜き、一気にトップに躍り出て、2位に58秒差をつけました。
しかし、6区石井が区間記録をだした仙台育英に5秒差につめられます。
アンカー長塩が激しいデッドヒートを繰り広げましたが、ゴール手前200メートルで振り切られ、惜しくも2位と、連覇はなりませんでした。
地区代表枠で初出場の水島工業は33位。
女子は興譲館が4位に入賞しました。