平林金属ソフト選手らが集団献血

平林金属ソフト選手らが集団献血

昨年、ソフトボール男子の日本リーグ決勝トーナメントで2連覇を達成した岡山市の平林金属の男子ソフトボール部の選手らが、集団献血をしました。

岡山市北区の「献血ルームうらら」を訪れたのは、平林金属男子ソフトボール部の選手ら約20人です。
昨年、日本リーグ決勝トーナメントで2連覇を果たしていて、地域への感謝を込めて献血を行いました。
昨年に続いて実施されたもので、選手や監督は関心が高まればと話します。
冬は体調を崩す人が多く、献血者が減少する傾向があり、岡山県赤十字血液センターは、広く協力を呼びかけています。