桃田選手マレーシアで交通事故 顔負傷

バドミントンの東京五輪代表入りを確実にしている三豊市出身の桃田賢斗選手が13日、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれ、ケガをしました。
ほかにも1人が死亡し日本人コーチを含む3人が負傷しています。

事故は13日早朝、首都クアラルンプール近郊で発生し、桃田選手らを乗せた車が前方を走行していたトラックに衝突したとみられています。
日本バドミントン協会によりますと桃田選手が乗っていた車の運転手が死亡し、桃田選手が全身打撲やあごや唇などを切るケガをしたということです。
地元の消防によりますと鼻を骨折したとの情報もあります。
また同乗していた日本人コーチを含む3人が負傷しているということです。
桃田選手はバドミントン男子シングルス世界ランキング1位で、前日にクアラルンプールで開催されたマレーシア・マスターズで優勝したばかりでした。
桃田選手らを乗せた車はクアラルンプール近郊の国際空港に向かっていたということで地元当局などが事故の原因を詳しく調べています。