シーガルズが岡山県知事を表敬訪問

シーガルズが岡山県知事を表敬訪問

バレーボールV1リーグ女子で準優勝を果たした岡山シーガルズが岡山県知事を表敬訪問し、今後の活躍を誓いました。

岡山県庁を訪れたのは、シーガルズの監督・選手ら7人。
吉田みなみ主将が決勝トーナメントでの準優勝を報告をした後、伊原木県知事から記念品が贈られました。
決勝ではJTを相手にフルセットの末惜しくも敗れたものの、堂々の準優勝です。
チームを6シーズンぶりの準優勝へ導いた指揮官は、ファンの応援が大きな力になると話します。
シーガルズの次の戦いは、3月に開催される天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権、悲願の日本一を目指します。