公務員ボクサー 池山選手が防衛戦勝利

岡山市職員でWBO女子アトム級チャンピオンの池山直選手が28日、大阪市で2度目の防衛戦に臨みました。
池山は1969年9月生まれ、現在45歳5か月と男女通じて国内最年長の世界チャンピオンです。

対するのはフィリピンのノル・グロ、24歳の挑戦者です。
赤のグローブに黄色のシャツの池山は序盤から積極的に前に出ます。
第2ラウンドには相手をコーナーに追い詰めると、左右の強烈なパンチを次々と浴びせて圧倒します。
これで試合の主導権を握った池山はその後もパンチを出し続け、21歳年下の挑戦者に付け入るすきを与えません。
終盤になっても池山のスタミナが切れることはなく、最後まで攻めきりました。
10ラウンドを戦って抱き合う両者、KOこそなりませんでしたが3対0の大差で判定勝ちを収め2度目の防衛に成功。
自らの持つ最年長防衛記録を更新しました。
次は海外での防衛戦も視野に入れています。