和氣慎吾選手 世界への切符手に入れる

その特徴的な髪型から「リーゼントボクサー」として知られる岡山市出身のプロボクサー・和氣慎吾選手です。
10日夜、東京で世界タイトル挑戦者決定戦に臨み、判定勝ちで世界への切符を手にしました。

IBF・国際ボクシング連盟スーパーバンタム級6位の和氣と同じクラス3位でタイのマイク・タワッチャイとの対戦です。
リングサイドでは父親の文利さんと母親の昌子さんも声援を送ります。
赤のグローブ・和氣は、序盤から攻撃のリズムを作ると、パンチを次々とタワッチャイに浴びせて試合の主導権を握ります。
しかし、タワッチャイも狙い澄ましてのカウンターパンチで応戦し、しぶとさを見せつけます。
そして、自身初めての経験となる12ラウンド目の残り10秒を切ったところで最大の見せ場がやってきました。
最後の最後に左のストレートでダウンを奪った和氣は、3対0の判定でタワッチャイを下し、デビューから25戦目にしてついに世界戦への切符を手にしました。
和氣選手の世界戦の日程は、今後、調整の上発表されるということです。