全国高校駅伝で倉敷高校初優勝

師走の都大路を駆け抜ける全国高校駅伝が
京都市で行われ、男子の部で
岡山県代表の倉敷高校が悲願の初優勝を果たしました。

39年連続出場の倉敷は1区畝拓夢主将の
スタートダッシュで先頭集団につけます。
4位でタスキを受けた3区のジョエル・ムァゥラ選手が
豪快な走りで一気に先頭の佐久長聖に迫ると、
デッドヒートが繰り広げられます。
続く4区の前田舜平選手が1位に躍り出ると、
そのまま差を広げます。
その後もリードを守りきった倉敷は、2時間2分34秒で、初優勝を果たしました。
JR岡山駅前ではさっそく倉敷の優勝を伝える号外が
配られました。
地元勢、男子、初出場の小豆島高校は25位、
女子は、興譲館高校が16位、
小豆島高校が45位でした。