次の目標に向かって倉敷高校初練習

先月開かれた全国高校駅伝で初優勝した倉敷高校は3日、今年の練習を始めました。
選手たちは次の目標に向かって気持ちを新たにしていました。

倉敷市の阿智神社です。
ケニアに帰国しているジョエル・ムァゥラ選手らを除く18人が初練習に参加しました。
選手たちは高校の寮から約500メートル走って参拝に訪れました。
新年を迎え、気持ちを新たにしていました。
チームは今月から新しい体制となりました。
新しい主将には全国高校駅伝でアンカーを務め見事な走りをした2年生の名合選手が決まりました。
畝選手や前田選手らは今月、広島市で開かれる全国都道府県対抗駅伝に出場する予定です。
全国優勝を経験したチームは新たな目標に向けて走り出しました。