東かがわ市 フェンシング女子強化合宿

フェンシング女子の日本代表の強化合宿が、東かがわ市で始まりました。
フェンシングの選手にとって、東かがわ市は実は深い縁があります。

東かがわ市の、とらまるてぶくろ体育館です。
ここで強化合宿をするのは、フェンシング女子フルーレのナショナルチームの選手や、次世代を担う若手選手など27人です。
東かがわ市は、東京オリンピックの事前合宿誘致を目指していることから今回の合宿が実現しました。
選手たちには、地元の園児から手作りのメダルが贈られました。
強化合宿は、来月アメリカで開かれる世界大会に向けたものです。
東かがわ市は、国内シェア1位を誇る手袋の産地ですが、フェンシングの選手の使うグローブも東かがわ産が内外のトップ選手に使われています。
強化合宿は今月18日までで、期間中に、選手はグローブ工場を見学するということです。