ゴルフ

渋野選手「サントリー所属」に

渋野選手「サントリー所属」に

RSK山陽放送所属の女子プロゴルファー渋野日向子選手が、2月から、サントリーホールディングスと所属契約を結ぶことになりました。
RSK山陽放送は、引き続きスポンサーとして支援していきます。

午後2時から東京で開かれた記者発表会で、サントリーの新規所属選手として紹介されました。
岡山市在住の渋野日向子選手は、昨年5月に国内メジャー大会で初優勝した後、全英女子オープンを制覇しました。
また、現在、世界ランキングは11位で、今年開催される東京五輪の有力候補でもあります。
記者発表会では、サントリーに所属する宮里藍さんから花束贈呈のサプライズがありました。
サントリーとの所属契約は2月1日からです。
現在の所属先であるRSK山陽放送は、引き続きスポンサーとして渋野選手を支援していきます。

渋野選手も参加 ゴルフのプロアマ大会

渋野選手も参加 ゴルフのプロアマ大会

昨年、RSKのテレビ番組「SUNDAYスマイルGOLF」の放送100回を記念して始まったゴルフのプロアマ大会が、今年も玉野市で開かれました。

RSK山陽放送所属の渋野日向子選手も参加し、大会を盛り上げました。
玉野市の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブに、しぶこスマイルがはじけました。
プロと企業経営者などが混合で22組に分かれ、チーム戦でプレーしました。
今年は特別に、参加者全員が10番ホールで、RSK山陽放送所属の渋野日向子選手とドライバーの飛距離を競うドラコン大会も実施されました。
ツアー中さながらのすばらしいショット。
ボールはフェアウエイのど真ん中に。
渋野選手の最高記録は270ヤードでした。
会場はしぶこスマイルが伝わり、和やかな雰囲気に。
それぞれのホールでは、大きな歓声が上がっていました。
大会の模様は、12月29日の午前10時からRSKテレビの「SUNDAYスマイルGOLF」の特別番組で放送します。

渋野日向子選手 母校で児童と交流

渋野日向子選手 母校で児童と交流

激闘のシーズンを終えてオフを過ごしている女子ゴルフの渋野日向子選手が母校の小学校で後輩にあたる児童と交流を深めました。

母校の平島小学校の児童によるおもてなしを受け、早速の笑顔です。
5年生と6年生の74人を前にしての渋野選手の講演のテーマはずばり「笑顔いっぱい」。
地元への感謝の思いなどを伝えました。
憧れの渋野選手との給食の時間は、いつもよりにぎやかで教室は笑顔に包まれていました。
午後からは、初心者向けのスナッグゴルフを指導します。
子どもたちにやさしく、ゴルフの楽しさを伝えました。
子どもたちの笑顔に囲まれ、いつも以上にスマイルのはじけた渋野選手でした。