ゴルフ

ゴルフ渋野選手 ツアー2勝目

ゴルフ渋野選手 ツアー2勝目

西日本豪雨から1年の7日、実家のある岡山市東区が被災したRSK山陽放送所属の渋野日向子選手が、ツアー2勝目を挙げました。
地元に元気を届ける優勝となりました。

首位と2打差の、11アンダー単独2位で最終日をスタートした渋野選手。
一時は首位と4打差まで広がったものの、強気のゴルフを崩しません。
すると、15番で15mのバーディーパットをねじ込んで流れを引き戻します。
トップの韓国イ・ミニョン選手に1打差に迫ると、17番でもバーディーを奪い首位に並んでホールアウト。
勝負は自身初のプレーオフにもつれ込みました。
プレーオフの1ホール目、ダブルボギーと崩れたイ・ミニョン選手に対し、渋野選手は1m弱のパーパットを沈めて勝負あり。
初優勝から56日でのツアー2勝目で、賞金ランクは2位に浮上しました。
昨年、豪雨に襲われた岡山市東区出身の渋野選手です。
災害から1年となる7日、観戦に訪れた母・伸子さんと、ふるさとにツアー2勝目の吉報を届けました。

渋野日向子選手「全英女子出場権」獲得

渋野日向子選手「全英女子出場権」獲得

岡山市出身でRSK山陽放送所属の女子プロゴルファー渋野日向子選手が、千葉県で行われたアース・モンダミンカップで4位となり、全英女子オープンの出場権を獲得しました。

30日、6位タイで最終日を迎えた渋野日向子選手です。
7位以上で賞金ランキングが5位以内となり、全英女子オープンの出場権を手にします。
強風が吹き荒れる中、我慢のゴルフを強いられましたが、8番ホールではパットを正確に沈めてこの日はじめてのバーディを奪います。
その後もパーセーブを続け、トータル8アンダーの単独4位でフィニッシュ。
今シーズンの賞金ランキングを3位にし、全英女子オープンの出場を決めました。

渋野日向子選手に「スポーツ栄誉賞」

渋野日向子選手に「スポーツ栄誉賞」

岡山市人見絹枝スポーツ顕彰「スポーツ栄誉賞」が、岡山市在住でRSK山陽放送所属の女子プロゴルファー、渋野日向子選手に贈られました。
「桃太郎のまち岡山大使」にも就任していて、今後のさらなる活躍が期待されます。

岡山市役所で表彰式が開かれ、渋野日向子選手に大森市長から「スポーツ栄誉賞」の表彰状が手渡されました。
渋野選手は、5月に開かれた国内4大大会の一つワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップで初優勝を飾りました。
史上最年少での優勝という偉業を称え、表彰されました。
2日は、トップと2打差の8アンダー、3位タイでリゾートトラストレディス最終日に臨みました。
後半に入り、一時5アンダーまでスコアを落としましたが、16番、そして最終18番でバーディーを奪い、トータル7アンダー、10位タイでフィニッシュしました。
岡山市在住の選手としての発信力も期待される渋野選手です。
観光や特産品の情報を多くの人に伝えていく「桃太郎のまち岡山大使」の任命も受けました。
渋野選手は、6月7日に新潟で開幕するヨネックスレディスゴルフトーナメントに出場する予定です。