サッカー

ファジアーノ コーチによる実技研修会

ファジアーノコーチによる実技研修会

サッカーの指導力の向上につながればと小学校の教員を対象にファジアーノ岡山のコーチによる実技研修会が開かれました。

研修会は、岡山市小学校体育連盟が開いたもので、小学校の教員約30人が参加しました。
講師を務めたのは、ファジアーノ岡山のサッカー教室で子どもたちを指導するコーチ3人です。
参加した教員は、4対4のミニゲームを通じて、ドリブルやパスといった基本的なプレーのポイントを教わりました。
また「個性を大切にした指導が子どもたちの成長に繋がる」など、授業でも活用できる子どもたちへの接し方などについてもアドバイスが送られました。
実技研修会は、岡山市の多くの小学校でサッカーの授業が始まる3学期を前に毎年行なわれています。

ファジアーノ プレーオフかけた大一番

サッカーJ2プレーオフ進出を目指すファジアーノ岡山は16日ホームで横浜FCと対戦し、0対1で敗れました。

プレーオフ進出に向けての正念場。
今シーズン最後となるホーム戦には1万7000人を超えるサポーターが集まりました。
絶対に勝ち点3が欲しいファジアーノでしたが、前半24分横浜の松尾に流しこまれ先制点を奪われます。
後半に入ってからはファジアーノがチャンスを作ります。
後半5分、廣木のクロスに赤嶺が合わせますが、惜しくもゴールポスト。
得点を奪えません。
さらに終了間際、上田のクロスに頭で合わせたのはイヨンジェ。
しかし、これも再びポストに嫌われゴールならず。
ファジアーノは0対1で敗れ、プレーオフ進出への可能性は事実上なくなりました。

ファジアーノ 金沢と対戦

サッカーJ2昇格プレーオフ進出を目指すファジアーノ岡山は10日、アウェイでツエーゲン金沢と対戦しました。

前節を終えた時点で7位、プレーオフ圏内に入るためにはどうしても勝ち点3をものにしたいファジアーノですが前半10分、金沢にサイドから攻め込まれるとゴール前の混戦から垣田に押し込まれ、先制点を奪われます。
前半の終了間際にも大ピンチを迎えますがここはキーパー一森が判断よく飛び出してシュートを防ぎ追加点を許しません。
するとサイドが変わった後半36分、途中出場の山本が敵陣でボールを奪うとそのままゴール前まで運び、最後は赤嶺、ベテラン赤嶺の今季初ゴールで、ファジアーノが1対1の同点に追いつきます。
しかし、その後は追加点を奪えず引き分けに終わったファジアーノは順位を9位に下げ残り2試合にプレーオフ進出をかけます。