サッカー

開幕を前に ファジアーノが必勝祈願

サッカーJ2ファジアーノ岡山が来月の開幕を前に岡山市中区の神社で必勝祈願を行ないました。

ファジアーノ岡山の新しい監督になった有馬賢二監督と選手たちです。
活動拠点の政田サッカー場の氏神である岡山市中区の沖田神社を訪れました。
ファジアーノは今年、J2で11年目のシーズンを迎え、悲願のJ1昇格と、平均観客数1万人達成を目標に掲げています。
有馬監督らは、絵馬に思い思いの願いを書き込み奉納していました。
新体制でJ1昇格の目標を達成できるのか。
ファジアーノは、来月9日から宮崎県で強化合宿を行い、24日の水戸との開幕戦に臨みます。

ファジアーノ岡山の選手がサッカー教室

ファジアーノ岡山の選手が小学生を指導するサッカー教室「ちびっ子フェスティバル」が倉敷市で開かれました。

教室は、倉敷ライオンズクラブが青少年の健全育成を目的に開いたもので今回で28回目です。
寒空の下、約180人の小学生が集まり、ファジアーノ岡山の選手と一緒にドリブルやシュートを練習しました。
倉敷ライオンズクラブはこれからも教室を開き、子どもたちにスポーツの魅力を伝えたいと話しています。

高校女子サッカー 作陽高校で壮行式

来月開幕する全日本高校女子サッカー選手権大会に出場する津山市の作陽高校で壮行式が開かれました。

体育館で開かれた壮行式では、大会の登録メンバー30人が在校生らの激励を受けました。
ステージでは選手を代表して、中村萌愛キャプテンが「前回果たせなかった選手権の優勝をめざしたい」と意気込みを語りました。
作陽の全国大会出場は11年連続11回目で、中国大会を優勝しての中国第1代表として、悲願の全国制覇をめざします。
作陽の初戦は来年1月3日で、群馬県の前橋育英と対戦します。