サッカー

高校女子サッカー 作陽高校で壮行式

来月開幕する全日本高校女子サッカー選手権大会に出場する津山市の作陽高校で壮行式が開かれました。

体育館で開かれた壮行式では、大会の登録メンバー30人が在校生らの激励を受けました。
ステージでは選手を代表して、中村萌愛キャプテンが「前回果たせなかった選手権の優勝をめざしたい」と意気込みを語りました。
作陽の全国大会出場は11年連続11回目で、中国大会を優勝しての中国第1代表として、悲願の全国制覇をめざします。
作陽の初戦は来年1月3日で、群馬県の前橋育英と対戦します。

ファジアーノ監督に有馬賢二氏

サッカーJ2ファジアーノ岡山の新しい監督に、U―17日本代表監督を務める有馬賢二さんが就任することが決まりました。

有馬賢二新監督は、神奈川県出身の46歳で、FC東京のコーチなどを経て、今年から、17歳以下のサッカー日本代表の監督を務めていました。
現役時代は、コンサドーレ札幌や横浜FCなどで主にフォワードとしてプレーしました。
ファジアーノは、今シーズンJ2で22チーム中15位に終わり、4年間チームを率いた長澤徹監督が退任しました。
有馬新監督は、就任に伴い、「ファジアーノ岡山の仲間になれることを誇りに思います。岡山の夢に向かってともに戦えることを楽しみにしています」などとコメントしています。

カマタマーレ 上村健一新監督が抱負

「1年でJ2に復帰する」と決意を述べました。
来シーズンはJ3で闘うカマタマーレ讃岐の上村健一新監督が就任会見に臨みました。

上村新監督は熊本県出身の44歳。
ロアッソ熊本でコーチ、カマタマーレ讃岐でヘッドコーチなどを務めましたが、監督は初めての経験です。
来季の体制はまだ固まっていませんが、より攻撃的なサッカーを目指したいと話しました。
新チームは来年1月13日に始動する予定です。