サッカー

ファジアーノ J1昇格ならず

サッカーのファジアーノ岡山は、4日、J1昇格をかけたプレーオフの決勝に臨みましたが惜しくも敗れ昇格はなりませんでした。

4位・セレッソ大阪との決勝。
敵地・長居には3千500人、またパブリックビューイングが行なわれたシティライトスタジアムにも2千800人が詰めかけました。
前半を0対0で折り返して迎えた後半。
ファジアーノは三村、そして、豊川が立て続けにゴールを狙いますがキーパーに阻まれ得点を奪えません。
すると、後半7分でした。
セレッソのコーナーキックからこぼれ球を清原に押し込まれ、先制点を奪われてしまいます。
結局、この1点が最後まで重くのしかかり、そのままタイムアップ。
雨の中、懸命に戦ったファジアーノでしたが悲願のJ1昇格はなりませんでした。

ファジアーノ岡山 プレーオフ決勝

サッカーJ2ファジアーノ岡山が、J1昇格をかけ、
セレッソ大阪とプレーオフ決勝に臨みました。

J1昇格をかけた最後の一戦を応援しようと、
ファジアーノ岡山のサポーター約80人が決戦の地、
大阪市のキンチョウスタジアムに向けて出発しました。
岡山市北区のシティライトスタジアムでは
サポーター約2000人が、雨のなか声援を送りました。
初のJ1昇格まであと1勝のファジアーノ岡山。
これまで一度も勝ち星を挙げたことのない
セレッソ大阪との戦いです。
前半立ち上がりからファジアーノはミドルシュートを次々と浴び、守りを余儀なくされます。
しかし、前半37分コーナーキックに岩政がフリーで
合わせますが
枠を捉えることはできませんでした。
両者無得点で迎えた後半。
ファジアーノは三村が角度のない位置から得意の左足を振りぬくと豊川がヘディングシュートを放つなど
相手ゴールに迫ります。
しかし、後半7分、コーナーキックのこぼれ球を
相手に押し込まれ先制を許してしまいます。
ファジーアーノはチャンスをつくれず
このまま試合終了。
あと一歩のところで惜しくもJ1昇格を逃しました。

ファジアーノ岡山いよいよプレーオフ決勝へ

サッカーJ1への昇格を目指すファジアーノ岡山は、プレーオフ決勝に臨みます。
相手は過去に1度も勝ったことのない強敵のセレッソ大阪ですが選手たちは岡山の街の誇りをかけて戦います。

サポーターが見守る中、ファジアーノは実戦形式の練習などで約2時間、汗を流しました。
J1昇格まであと1勝に迫り選手たちの動きも調子がよさそうに見えます。
しかし決勝の相手となるセレッソ大阪にはこれまでリーグ戦で7度戦い2引き分け5敗と1度も勝ったことがありません。
10月16日のホーム・Cスタでの戦いも、1対1の引き分けに終わりました。
攻撃的なサッカーが持ち味のセレッソ相手に粘り強く戦うことが鍵になります。
準決勝の松本戦では地元岡山でもパブリックビューイングで多くのサポーターが声援を送りました。
4日の試合当日は現地に行けないというサポーターのためにシティライトスタジアムがパブリックビューイングの会場として開放されます。
去年から指揮をとる長澤監督は、ここにきてチームの戦う形が完成したと手ごたえを感じています。
あとはすべてをぶつけるだけです
引き分けでは昇格できず、勝たなければJ1への切符が手に入らないプレーオフ決勝は4日日曜日、午後3時35分キックオフです。
RSKラジオではこの試合を実況生中継でお伝えします。