サッカー

カマタマーレ讃岐 ホーム戦黒星

開幕から5試合負けなしのJ3・カマタマーレ讃岐は、14日、ホームでAC長野パルセイロを迎え撃ちました。

1位の北九州が前の日に敗れたため、引き分け以上で首位に立つ2位のカマタマーレ。
ホーム戦4連勝もかかる試合で、合計20本のシュートを放ち、数では長野を圧倒します。
しかしネットを揺らすことはできません。
すると後半35分、混戦からのこぼれ球を、相手に押し込まれてしまいます。
このまま試合が終了し、今シーズン初の黒星を喫した、カマタマーレ。
順位は3位に後退です。
次節は、アウェイで相模原と対戦します。

レアル監修の玉野スポーツスクール

玉野市に、スペインのスポーツクラブ、レアルマドリードの財団が監修する放課後教室が、開校するのを前に、講師への研修会が行われました。

今月末に開校する「玉野ソーシャル・スポーツスクール」は、小学3年生から6年生が放課後に参加し、サッカーや英会話などを学びます。
世界的なサッカーチームとして知られる、レアルマドリードの財団が監修しており、財団の指導者がスクールの講師に、教育プログラムのつくり方を教えていきました。
子どもたちは、手を繋ぎながらサッカーをすることで、コミュニケーションの大切さを学ぶなど、普段とは違った練習を楽しんでいました。
玉野ソーシャルスポーツスクールは、4月27日に開校します。

ファジアーノ アウェーで大宮戦

サッカーJ2のファジアーノ岡山は、3日夜、アウェーで大宮アルディージャと対戦しました。

前半を0対0で折り返した後半17分、先に均衡を破ったのはファジアーノでした。
ペナルティエリア内で粘り強くボールをつなぎ、上田のパスに合わせたのは斎藤。
左足で鮮やかに叩き込み、先制します。
しかし、その20分後、左からのクロスに合わせた、大宮・茨田のヘディングが、前にいたシモヴィッチに当たり軌道が変わりゴールへ。
不運な形で同点に追いつかれます。
さらに試合終了間際にフリーキックを与えると、こぼれ球からのミドルシュートを、キーパー金山が一度は弾いたものの、詰めていた畑尾に押し込まれ、そのまま試合終了。
アウェーで勝ち点を掴むことはできませんでした。
次節は、7日の日曜日に、ホームでアルビレックス新潟を迎え撃ちます。