サッカー

カマタマーレ讃岐vs町田ゼルビア

サッカーJFLで首位に立つカマタマーレ讃岐は、16日、丸亀市で3位のFC町田ゼルビアと対戦しました。

昨シーズンJ2でプレーした、町田ゼルビアとの対戦に、今シーズン最多の、5758人の観客が詰め掛けました。
カマタマーレは、前半、ここまで7得点をあげているFW木島を中心にチャンスを作ります。
しかし、なかなか決められません。
逆に0対0で迎えた後半7分、町田の大竹にこぼれ球を決められ先制点を許します。
1点を追うカマタマーレは、後半21分、MFアンドレアがゴール前で倒されPKを獲得します。
キッカーは木島。
ところがこのシュートがゴール左に外れます。
結局、カマタマーレは0対1で敗れ今シーズン2敗目を喫しました。
首位はキープしましたが2位の長野に勝ち点で並ばれました。
次の試合でリーグ前半戦が終わります。
カマタマーレは今月23日、神奈川で5位のSC相模原と対戦します。

ファジアーノ岡山vsアビスパ福岡

サッカーJ2ファジアーノ岡山は15日、カンコースタジアムでアビスパ福岡と対戦し1対1で引き分けました。
これで、4試合勝ち星なしとなりました。
今月唯一のホームゲームで、4試合ぶりの勝利を目指すファジアーノ。

前半16分、仙石のフリーキックに植田が飛び込んで先制します。
しかし41分に同じような位置でのフリーキックから、アビスパ・坂田に同点ゴールを許してしまいます。
サイドが代わった後半、ファジアーノはアビスパゴールに迫ります。
しかし、9分の押谷のシュートはバーの上。
26分にはコーナーキックからの折り返しに、田中が頭で押し込みますが、キーパーの正面でゴールなりません。
そして、まもなくロスタイムというところで、右サイドを抜けた妹尾のクロスを受けた石原が、ペナルティエリア内でキーパーに倒されPKを得ます。
これを石原が自ら蹴りますが、シュートはキーパー正面。
ところがアビスパのキーパー神山が、キックの前にゴールラインから前に出たとして、PKのやり直しとなります。
石原に代わってキッカーは荒田。
今度は、ポストを叩いてゴールならず。
あと一歩のところまでアビスパを追い詰めながら、勝ち越せなかったファジアーノは、順位を一つ上げて7位となったもののこれで4試合連続勝ち星なし。
次節は今月22日、アウェーで首位のガンバ大阪に挑みます。

ファジアーノ岡山、福岡にドロー

サッカーJ2ファジアーノ岡山は、15日、カンコースタジアムでアビスパ福岡と対戦し1対1で引き分けました。

6月唯一のホームゲームで4試合ぶりの勝利を狙うファジアーノ。

前半16分でした。
仙石のフリーキックに植田が飛び込んで先制します。
しかし41分ファジアーノは福岡・坂田にゴールを許し同点とされてしまいます。
そのまま同点で迎えた試合終了間際ファジアーノはPKのチャンスを得ます。
一度はやり直しとなったPKを蹴るのは荒田。
荒田のシュートは無情にもポストに弾かれます。
エースのPK失敗で勝利を逃したファジアーノ。

これで4試合勝ち星なしとなりました。
順位は1つ上がって7位です。