サッカー

吉備国大シャルム、ホームで初勝利

女子サッカーなでしこリーグ、FC吉備国際大学シャルムが20日、ホームの笠岡市で浦和レッズレディースを2対1で下し嬉しい初勝利を飾りました。

ここまで1引き分け3敗で、連敗中のシャルムでしたが、太田監督は、大学生らしく前半からアグレッシブに攻めようと選手たちを送り出しました。
立ち上がりの前半2分、野間が相手のバックパスを奪うと、こぼれ球を拾った西川がロングシュート。
これがディフェンダーに当たってコースが変わったところに飛び込んだのは1年生の濱本!
シャルムが先制点を奪います。
しかし38分、前がかりになったところを浦和の逆襲にあい、最後は堂園のダイレクトボレーで失点。
1対1に追いつかれて前半を折り返します。
この嫌なムードを吹き飛ばしたのはまたしても1年生の濱本でした。
後半24分、自ら持ち込んでミドルシュート。
これがクロスバーに当たって、ゴール前での混戦となり最後は濱本が自ら押し込みます。
この春大学に入ったばかりの18歳が、大仕事をやってのけました。
この1点のリードを守りきったシャルムが、浦和を下しリーグ戦5試合目で、嬉しい初勝利を挙げました。
次の試合は、4月28日笠岡陸上競技場で、スペランツァFC大阪高槻を迎え撃ちます。

ファジアーノ快勝で10試合負けなし

開幕からここまで負けなしのサッカーJ2ファジアーノ岡山は
カンコースタジアムでザスパクサツ群馬と対戦し2対0で快勝しました。

4位のファジアーノが21位の群馬を迎え撃つ一戦。
前半は気迫に勝る群馬の前に苦しい展開を強いられます。
なんとか前半を0対0で折り返すと後半9分ファジアーノはコーナーキックから植田。
植田の今シーズン初ゴールでファジアーノが先制します。
さらに28分には仙石がボールを奪いエース荒田が貴重な追加点。
群馬に快勝しJ通算50勝目をあげたファジアーノ。
これで開幕から10試合負けなしです。
次節は28日アウェイで首位のヴィッセル神戸と対戦します。

岡山ファジアーノVS京都サンガ

サッカーJ2ファジアーノ岡山は、17日夜、ホームで京都サンガFCと対戦し1対1で引き分けました。

前半、サンガの攻撃を受ける形になったファジアーノは、28分に三平に決定的な場面を作られます。
しかしシュートはキーパー中林がブロックし、ピンチをしのぎます。
するとサイドが変わった後半8分、右サイドからの関戸のクロスに頭で合わせたのは荒田。
荒田の、今シーズン5点目のゴールでファジアーノが先制し、6千人以上のサポーターも沸き返ります。
しかしこのまま逃げ切りかと思われた後半42分、一瞬の隙を突かれて、途中出場のサンガ・宮吉に同点ゴールを叩き込まれてしまいます。
結局試合はこのまま1対1の引き分けに終わりましたが、ファジアーノの開幕からの連続負けなし記録は9に伸びました。
順位は一つ下がって4位です。