サッカー

ファジアーノ、3連勝で2位に浮上

サッカーJ2ファジアーノ岡山は7日、ホームでコンサドーレ札幌を3対2で下し、3連勝でJ1自動昇格圏内の2位に浮上しました。

ファジアーノは前半17分、右サイドの突破からチャンスを作ると、荒田がキーパーの頭上を襲うミドルシュート。
これが決まって、荒田の2試合連続ゴールでファジアーノが先制します。
しかしサイドが変わり後半に入ると、コンサドーレの反撃にあい29分に、ゴール前の混戦から追いつかれます。
34分には、内村のこの日2点目のゴールで逆転を許してしまいます。
しかしファジアーノは直後の35分、2年目の田中の嬉しいプロ初ゴールで同点に追いつくと、39分にはコーナーキックのチャンスから、竹田が押し込んで勝負あり。
今シーズン、ホーム初勝利のファジアーノはこれで3連勝。
2位に浮上しました。

吉備国際大学シャルム、ホーム開幕戦

今季から、なでしこリーグに昇格した吉備国際大学シャルムは、4月1日ホーム開幕戦を迎えました。

地元サポーターの熱い声援をうけて、ベガルタ仙台レディースと対戦しました。
笠岡市で記念すべきホーム初戦を迎えた黄色のユニフォーム・吉備国際大学シャルム。
4分、フリーキックからのこぼれ球を濱本が落ち着いて流し込みます。
吉備国際大学シャルムの鮮やかな先制パンチ。
リーグ2試合目でなでしこリーグ初ゴールが生まれます。
しかし後半20分、吉備国際大学シャルムはベガルタ・伊藤のミドルシュートで同点とされてしまいます。
その後はキーパー森本を中心にゴールを死守し、何とか引き分けに持ち込みました。
吉備国際大学シャルム、なでしこリーグで初めての勝ち点獲得です。
次節は福山市でのホームゲームでなでしこリーグ初勝利をかけジェフ千葉レディースと対戦します。

岡山市東区に天然芝グランド完成

岡山市東区に、天然芝のグラウンドが完成し、サッカーJ2のファジアーノ岡山の選手たちが、初めて練習を行いました。

岡山市東区升田にある、政田サッカー場の天然芝のグラウンドです。
4月1日のオープンを前に、27日は、ファジアーノの36人の選手が初めて練習を行いました。
ファジアーノのホーム、カンコースタジアムと同じ芝が使われているということです。
選手たちは、1時間半ほどランニングをしたり、ボールを使った練習をしたりしながら、真新しいグラウンドの芝の感触を確かめていました。
ファジアーノ岡山の、新たなトレーニングの拠点となる政田サッカー場は、4月1日にオープンします。
ファジアーノが使用しない時間には、市民も利用できるということです。