サッカー

ファジアーノ、京都に勝利し7位浮上

サッカーJ2のファジアーノ岡山は21日、アウェーで京都サンガFCを4対2で下し、7位に浮上しました。

前半、PKで1点のリードを許したファジアーノでしたが、18分にコーナーキックから近藤の今季初ゴールで同点に追いつきます。
すると26分には、今月移籍してきたばかりの清水がPKをきっちりと決めて移籍後初ゴール。
2対1と逆転に成功します。
これで試合の流れを握ったファジアーノは、45分に田中のクロスを清水が頭でつなぐと、最後は石原が豪快に叩き込んでこちらも今季初ゴール。
リードを2点に広げて前半を折り返します。
後半に入り、サンガに再び1点差に詰め寄られますが後半38分、石原からのクロスに飛び込んだ島田が落ち着いて決めて勝負あり。
連勝したファジアーノは順位を上げて、7位浮上です。

ファジアーノ岡山がホーム戦で東京ヴェルディに勝利、4試合ぶりの白星

サッカーJ2ファジアーノ岡山は18日、ホームのカンコースタジアムで東京ヴェルディと対戦し、2対0で勝ちました。

ここ3試合、白星から遠ざかっていたファジアーノでしたが、そのうっぷんを晴らそうと序盤からヴェルディ相手に攻勢を仕掛けます。
ゲームが動いたのは前半42分、左右の揺さぶりからゴール前に攻め込むと澤口が強烈なシュート、さらに相手のクリアに体を投げ出して、ゴールネットを揺らします。
澤口の今シーズン2ゴール目で、ファジアーノがリードを奪うとサイドが変わった後半25分、今度は澤口の速いクロスがヴェルディ・石神のハンドを誘います。
これで得たPKを押谷が冷静に決めて勝負あり。
9千7百人あまりのサポーターの前で、ファジアーノが4試合ぶりの勝ち星を挙げました。
順位は1つ上がって10位、次の試合は21日、アウェーの京都戦です。

湯郷ベルの宮間選手などが岡山市東区で子供たちにサッカー教室

夏休みの子どもたちを対象に、女子サッカー岡山湯郷ベルの選手らによるサッカー教室が岡山市東区で開かれました。

宮間選手の華麗なリフティングに、子どもたちは大興奮です。
女子サッカー普及のためにと、岡山市東区のキリンビール岡山工場のグラウンドで開かれたサッカースクールです。
岡山県内の女子サッカークラブに所属する74人の小学生が参加しました。
将来の「なでしこ」を目指す子どもたちは、種田監督と選手たちからリフティングやドリブルなど、基本となるプレーの大切さを教わり、実践していました。
基本を教わったあとは、湯郷ベルの選手も参加してのミニゲームです。
子どもたちのハツラツとしたプレーに、選手も刺激を受けたようです。
子どもたちにとって、憧れの選手と触れ合う特別な時間となりました。