サッカー

岡山湯郷ベル選手が自販機を清掃

2日、勝利を収めた岡山湯郷ベルの宮間選手・福元選手・松岡選手が、3日、丸亀市で、設置されている支援自動販売機の清掃を行ないました。

湯郷ベルの支援自動販売機は、売り上げの一部がチームの活動資金になるもので、岡山・香川などに約120台が設置されています。
湯郷ベルでは、こうした清掃活動を通し、応援してくれる人たちへの、感謝の気持ちを表わしたいと話しています。

ファジアーノ岡山、FC岐阜と対戦

前半から攻勢にでるファジアーノ、27分には、左サイドから岐阜ゴール前に攻め込み混戦から、最後は荒田の左足。
36分には、田所が右足でそれぞれシュートを放ちますが、利き足でないせいか威力なく、ゴールを奪えません。
サイドが変わった、後半25分にはまたしても荒田が、今度は右足で強烈なシュートを放ちますが、揺らしたのはサイドネット。
35分には、田所がフリーキックでゴール右すみを狙いますが、岐阜のキーパー・高木のファインセーブに阻まれ得点なりません。
ファジアーノは、ここまでわずか1勝の、岐阜の守りを最後まで崩せずに、0対0の引き分け。
順位は7位のままです。

ファジアーノ岡山、熊本に完敗

26日カンコースタジアムでロアッソ熊本と対戦したサッカーJ2ファジアーノ岡山、2対3で敗れました。
これでホームでの無敗記録も15でストップしました。

首位を連勝を目指すファジアーノですが試合は序盤から16位ロアッソペース。
ファジアーノは21分、ロアッソ・仲間に先制ゴールを許してしまいます。
その後も、球際での気持ちで上回るロアッソ相手にリズムを掴めないファジアーノ。
サイドが変わった後半3分には、またしても仲間。
その後もロアッソに追加点を許し、ファジアーノは0対3と大量リードを奪われます。
しかし今季、終盤の驚異的な粘りで何度もドラマを生んできたファジアーノ。
26日も、ここから逆襲が始まりました。
44分に、石原のクロスを久木田が折り返し押谷。
さらにロスタイム後藤のパスからまたしても押谷。
しかし、反撃もここまで。
去年8月から続いていたホーム・カンスタでの無敗記録は、15でストップしました。
順位は2つ落として、7位となったファジアーノ。
次節は来月2日アウェイで、FC岐阜と対戦します。