サッカー

岡山ファジアーノVS京都サンガ

サッカーJ2ファジアーノ岡山は、17日夜、ホームで京都サンガFCと対戦し1対1で引き分けました。

前半、サンガの攻撃を受ける形になったファジアーノは、28分に三平に決定的な場面を作られます。
しかしシュートはキーパー中林がブロックし、ピンチをしのぎます。
するとサイドが変わった後半8分、右サイドからの関戸のクロスに頭で合わせたのは荒田。
荒田の、今シーズン5点目のゴールでファジアーノが先制し、6千人以上のサポーターも沸き返ります。
しかしこのまま逃げ切りかと思われた後半42分、一瞬の隙を突かれて、途中出場のサンガ・宮吉に同点ゴールを叩き込まれてしまいます。
結局試合はこのまま1対1の引き分けに終わりましたが、ファジアーノの開幕からの連続負けなし記録は9に伸びました。
順位は一つ下がって4位です。

岡山ファジ、難敵ジェフ千葉と対戦

開幕から、7試合連続の負けなしでリーグ2位につけるファジアーノは、14日、アウェーでの試合です。
3位のジェフ千葉との、上位対決に臨みました。

ファジアーノは前半14分、最終ラインの竹田から大きなサイドチェンジでチャンスを作ると、右ウイングバック2年目の田中奏一がジェフゴールに迫ります。
さらに19分、その田中がボールを奪ってカウンター攻撃を仕掛けると去年ジェフでプレーしていた荒田!
しかしJ2でも屈指の攻撃力を誇るジェフは39分、ゴール前に攻め込むと谷澤が至近距離でシュート!
ここはキーパー中林が胸でブロックする、スーパーセーブで得点を与えません。
サイドが変わった後半20分、またしても田中がボールを奪って攻撃のスイッチが入ります。
最後は荒田が利き足とは逆の左足で、ゴール隅を狙いますがわずかに外れ3試合連続ゴールとはなりません。
その後はジェフの波状攻撃をしのぐ展開となりますが、34分のピンチは中林。
また試合終了間際には、ゴール前でフリーになっていたジェフ・兵働の強烈なシュートを、植田がブロック!
最後まで集中力を切らさなかったファジアーノが、引き分けに持ち込み、開幕からの連続負けなし記録を8に伸ばしました。
順位はヴィッセル・ガンバに次いで、3位となっています。
会見影山監督最後まで出来たんじゃないかなと思います。
ファジアーノの次の試合は、水曜日の午後7時から。
カンコースタジアムで、京都サンガFCと対戦します。

ファジアーノ、3連勝で2位に浮上

サッカーJ2ファジアーノ岡山は7日、ホームでコンサドーレ札幌を3対2で下し、3連勝でJ1自動昇格圏内の2位に浮上しました。

ファジアーノは前半17分、右サイドの突破からチャンスを作ると、荒田がキーパーの頭上を襲うミドルシュート。
これが決まって、荒田の2試合連続ゴールでファジアーノが先制します。
しかしサイドが変わり後半に入ると、コンサドーレの反撃にあい29分に、ゴール前の混戦から追いつかれます。
34分には、内村のこの日2点目のゴールで逆転を許してしまいます。
しかしファジアーノは直後の35分、2年目の田中の嬉しいプロ初ゴールで同点に追いつくと、39分にはコーナーキックのチャンスから、竹田が押し込んで勝負あり。
今シーズン、ホーム初勝利のファジアーノはこれで3連勝。
2位に浮上しました。