サッカーJ2 16日は瀬戸大橋ダービー

岡山と香川の因縁の対決が今年も始まります。
サッカーJ2のカマタマーレ讃岐とファジアーノ岡山による瀬戸大橋ダービーは、今度の日曜日にカマタマ―レのホーム丸亀市で開かれます。

4年目の瀬戸大橋ダービーに臨む、カマタマーレ讃岐です。
13日は、実戦形式の練習でファジアーノ戦に向けた攻守の連携を確認しました。
さぬき市出身の高木選手です。
ここ2試合は、サイドバックで起用され攻撃の起点として活躍しています。
地元出身選手としてダービーは特別だと言います。
昨年の瀬戸大橋ダービーは連敗しましたが、岡山との相性は決して悪くないカマタマーレです。
ホームの声援を後押しに、今シーズン2勝目を挙げて上昇のきっかけをつかみたいところです。
一方のファジアーノ岡山は、ダービーマッチに向けて約2時間、汗を流しました。
ホームで連敗中という悪い流れを何とか変えたいと、かつて讃岐でもプレーしたキャプテンの喜山選手は話します。
練習では、サイドチェンジや短いパスでの崩しなどを入念に繰り返していました。
長澤監督は、隙を与えない試合運びでの勝利を思い描いています。
青と赤が交わる7度目の瀬戸大橋ダービーは、丸亀市のPikaraスタジアムで今月16日の午後1時キックオフです。