ファジアーノの選手が小学校を訪問

地元のトップアスリートとふれあってもらおうと、サッカーJ2ファジアーノ岡山の選手が岡山市南区の小学校を訪れました。

ファジアーノ岡山の豊川雄太選手など6人が岡山市南区の芳田小学校を訪れました。
選手は2人ずつ6年生の教室に入り、児童と一緒に給食を食べました。
はじめは緊張した様子の児童でしたが、次第に打ち解け、岡山を代表するスポーツ選手とのひと時を楽しんでいました。
給食の後は、体育館に場所を変えてリフティングの対決です。
ファジアーノでは、地域に密着した活動を続けたいと話しています。