カマタマーレ讃岐 残留決めるも課題

カマタマーレ讃岐はホームでの最終戦で辛くもJ2残留を決めました。
大きな課題を残した今シーズンです。

J1復帰を目指す名古屋との格の違いを見せつけられた最終節です。
J4年目の最終順位は19位。
降格圏21位との勝ち点差はわずか1でした。
試合終了後に掲げられた1枚の横断幕。
5万7148人分の志とは、昨年、高松市に提出した署名のことです。
署名では市立東部運動公園のグラウンドの優先利用のほか、クラブハウス建設のための用地貸付と費用の支援などを求めていました。
チーム強化だけでなくJ1ライセンス獲得に必要な条件です。
署名提出から1年。
大西高松市長は練習場については、東部運動公園と屋島レクザムフィールドを優先的に貸していると説明。
郷土香川のチームにどうなって欲しくてまたそのために何が必要か、J5年目となる来シーズンチームに関わる全ての人に突きつけられた課題です。