ファジアーノ加地亮選手 引退を表明

サッカーJ2ファジアーノ岡山に所属する元日本代表の加地亮選手は、今シーズン限りでの引退を表明しました。
27日、会見が開かれました。

加地選手は、1998年にセレッソ大阪でプロ生活をスタートし、2015年から3年間ファジアーノ岡山でプレーしました。
Jリーグでは通算499試合に出場、日本代表としてもドイツワールドカップを含む64試合に出場しました。
持ち味である正確なクロスとチームのために走り続ける献身的なプレーは多くのファンを魅了しました。
25日の引退発表を受け、27日は、ファジアーノの練習場に引退を惜しむ多くの人が詰めかけていました。
加地選手は、来月9日のファン感謝イベントで、改めて引退を報告するということです。