カマタマーレ讃岐 J2残留への条件

サッカーJ2・カマタマーレ讃岐は、31日、J2残留をかけてホームでFC町田ゼルビアと対戦しました。
試合前の時点でJ2に残留できる20位・岐阜との勝ち点差は10。
さらに得失点差も20点以上の開きがあるため、残り4試合すべて勝つのが残留への最低条件です。

両者無得点で迎えた後半22分、渡邉のクロスは相手にクリアされますが、こぼれ球を佐々木匠がシュート。
今季チームを牽引した20歳の若き戦士が、貴重な先制点を奪います。
しかし後半40分でした。
静まり返るスタジアム。
勝ち点1は手にしたものの、J3自動降格圏である21位以下が決定的となりました。
一方、J3の4位に、J2へ昇格できるライセンスを持たないチームがいるため、残留の可能性は僅かに残っています。
カマタマーレは次節もホームで栃木と対戦します。