ファジアーノ岡山の長澤徹監督 退任へ

サッカーJ2ファジアーノ岡山の長澤徹監督が、今シーズン限りで退任することになりました。

長澤徹監督は、愛媛県出身の50歳で、2015年にファジアーノ岡山の監督に就任し現在4年目です。
選手の特長を引き出し、献身的なプレーから勝利を求める指導方法でファジアーノを率い、就任2年目のおととしには、クラブを初の昇格プレーオフに導きました。
しかし、今年は相次ぐけが人などで勝ち星を伸ばせず、ここまで、勝ち点53の14位と目標だったJ1昇格を逃す結果になりました。
後任は決まっていないということです。
今月17日にシティライトスタジアムで行なわれる、今シーズンの最終戦、大宮アルディージャ戦が長澤監督にとってファジアーノでの最後の采配になります。