ファジアーノ アウェーで大宮戦

サッカーJ2のファジアーノ岡山は、3日夜、アウェーで大宮アルディージャと対戦しました。

前半を0対0で折り返した後半17分、先に均衡を破ったのはファジアーノでした。
ペナルティエリア内で粘り強くボールをつなぎ、上田のパスに合わせたのは斎藤。
左足で鮮やかに叩き込み、先制します。
しかし、その20分後、左からのクロスに合わせた、大宮・茨田のヘディングが、前にいたシモヴィッチに当たり軌道が変わりゴールへ。
不運な形で同点に追いつかれます。
さらに試合終了間際にフリーキックを与えると、こぼれ球からのミドルシュートを、キーパー金山が一度は弾いたものの、詰めていた畑尾に押し込まれ、そのまま試合終了。
アウェーで勝ち点を掴むことはできませんでした。
次節は、7日の日曜日に、ホームでアルビレックス新潟を迎え撃ちます。