高校総体サッカー玉野光南vs学芸館

岡山県高校総体のサッカー男子決勝が14日、美作市で行なわれました。
決勝は玉野光南対学芸館の顔合わせとなりました。

ブルーのユニフォーム玉野光南は4年ぶりの優勝を、水色と黒のユニフォーム学芸館は3年ぶりの優勝を目指します。
試合が動いたのは前半21分。
光南24番・新地のロングスローから最後は12番の2年生尾上が頭で押し込んで先制、前半を1対0の光南リードで折り返します。
これに対し学芸館はサイドが変わった後半18分、ゴール前の混戦から18番の平野が豪快なミドルシュートで同点に追いつきます。
試合の流れを引き寄せた学芸館は試合終了間際の後半34分、ディフェンダーの裏に抜け出した9番・西山がキーパーとの1対1を制して逆転ゴール。こちらも2年生の西山が大仕事をやってのけます。
結局、このリードを守り切った学芸館が2対1で光南を下し、3年ぶり2回目の優勝でインターハイへの切符を手にしました。
インターハイのサッカー男子は8月2日から兵庫県で行なわれます。