野球

阪神ドラフト1位 西純矢 ルーキーイヤー始動

プロ野球・阪神タイガースにドラフト1位で入団した創志学園高校の西純矢投手が、自主トレの様子を公開しました。

タイガース伝統の縦じまのユニフォームに袖を通す日も間近。
西純矢投手が、創志学園の室内練習場で汗を流しました。
ウォーミングアップを済ませブルペンに入ると、約30球、熱のこもった投球を披露。
プロ入りの年を迎え、気合十分の西投手は、打撃練習にも精力的に取り組みました。
西投手は、8日に始まる新人合同自主トレに参加し、プロの一員として歩み始めます。

創志・西投手 阪神と仮契約

プロ野球のドラフト会議で阪神タイガースから1位指名を受けた岡山市北区の創志学園高校の西純矢投手が、球団と仮契約を結びました。

入団交渉は、岡山市北区のホテルで行なわれました。
創志学園の西純矢投手は、星陵高校の奥川投手や大船渡高校の佐々木投手らとともに「高校生四天王」と呼ばれ、最速154キロの速球と鋭く曲がるスライダーを武器に、2年の夏に甲子園出場を果たしました。
仮契約は、推定で契約金1億円、年俸1200万円、出来高3000万円で結ばれました。
西投手は、12月上旬に、本契約を交わし、入団会見に臨む予定です。

ガイナーズGM兼総監督に松中信彦さん

ガイナーズGM兼総監督に松中信彦さん

野球の独立リーグ、香川オリーブガイナーズの西田真二監督が今シーズンで退任することになりました。
後を継ぎチームを率いるのは、平成でただ一人の三冠王です。

13年にわたりチームを率いてきた西田監督です、まさにガイナーズの顔でした。
現役時代を広島東洋カープでプレーし、香川オリーブガイナーズでは2007年から今シーズンまで監督をつとめました。
アイランドリーグの優勝5回、独立リーグの日本一にも3回導きました。
今月のドラフト会議では、育成枠で畝章真投手が西田監督の古巣のカープから指名されました。
これまでにも、中日で活躍する又吉克樹投手など多くの選手を、NPB=日本野球機構に送り出してきました。
新たにGM兼総監督に就任するのが、松中信彦さんです。
1997年から2015年までホークスでプレーし、2004年にはパ・リーグで首位打者、最多本塁打、最多打点のタイトルを獲得。
30年間の平成の歴史で唯一の三冠王に輝きました。
松中総監督の背番号は、現役時代や日本代表の時にもつけた3番です。