野球

3年ぶり2回目 センバツ旗が英明に届く

センバツ高校野球の開幕まで1か月あまりです。
3年ぶり2回目の出場を決めた高松市の英明高校に、開会式の入場行進で使うセンバツ旗が届けられました。

第90回記念大会の文字に、中央には英明高校の校章です。
3年ぶりに英明に届けられたセンバツ旗です。
21日は、真部校長から千原主将にセンバツ旗が手渡されました。
この旗を先頭に、ナインは開会式で入場行進します。
第90回記念選抜高等学校野球大会は、来月16日に組み合わせ抽選会が行われ23日に開幕します。

おかやま山陽 岡山県知事を表敬訪問

初めてのセンバツ出場を決めたおかやま山陽の野球部の選手らが岡山県知事を表敬訪問し、甲子園での活躍を誓いました。

岡山県庁を訪れたのは、おかやま山陽の選手と監督ら9人です。
おかやま山陽は、去年秋の中国大会で優勝し、センバツの切符を手にしました。
甲子園には、去年の夏に続いての出場で伊原木岡山県知事から「打撃力を生かし悔いのないように頑張って下さい」と激励され、気持ちを新たにしていました。
春の選抜高校野球大会は、3月16日に組み合わせ抽選会が行われ、23日に阪神甲子園球場で開幕します。

おかやま山陽と香川英明 センバツ出場

厳しい寒さの中、春の便りが届きました。
甲子園球場で行われる選抜高校野球大会の選考委員会が開かれ、おかやま山陽と香川の英明が出場を決めました。

おかやま山陽は初めてのセンバツの舞台です。
選考委員会からの電話を受けた原田校長がグラウンドで待機していた選手たちに吉報を伝えました。
おかやま山陽は去年秋の岡山大会で3位になると、続く中国大会でも自慢の打撃が爆発し決勝では9点差をひっくり返してのサヨナラ勝ちで初優勝。
夏春連続の甲子園出場を決めました。
センバツは初めての出場です。
香川からは、高松市の英明が出場を決めました。
3年ぶり2度目のセンバツです。
吉報は校内で待機していた部員のもとに届けられました。
去年秋の香川大会で優勝した英明は、続く四国大会も1年生エース黒河の粘りのピッチングで勝ち進みました。
決勝では高知の強豪・明徳義塾と大接戦を演じ、準優勝で甲子園の切符を手繰り寄せました。
センバツは2015年以来、2度目の出場です。