野球

高校野球岡山大会 関西が3回戦進出

夏の高校野球岡山大会は、18日から2回戦です。
夏2連覇を狙う倉敷商業と、春夏連続の甲子園出場を目指す関西が登場しました。
夏の初戦を迎えた倉敷商業。
岡山学芸館との試合は序盤から動きました。
倉商は2回表1アウト3塁で8番ピッチャーの大中がライトへ高々と打ち上げます。
これが犠牲フライとなり1点を先制します。
するとその裏、学芸館は、2アウト2塁から8番・森兼が大中の高めに浮いた球をセンター前へ弾き返します。
このヒットで2塁ランナーが還りすぐさま同点に追いつきます。
突き放したい倉商は3回表、1アウト満塁のチャンスで5番上・川畑がセンターへ打ち上げます。
これが犠牲フライとなり、再びリードを奪います。
その後は堅実な守りで17本のヒットを放った学芸館の追撃を振り切り、苦しみながらも初戦をものにしました。
春夏連続の甲子園出場を狙う関西は、初回1アウト2塁1塁から4番土井のレフト前タイムリーで先制します。
その後も打線が繋がり、東岡山工業を圧倒した関西が7回コールドで3回戦進出です。

夏の高校野球岡山・香川大会 熱戦続く

関西は2回表ツーアウト3塁1塁で、9番市原が変化球をひきつけてライト前にヒットを放ち、1点を先制します。
関西先発のエース児山は、初回からエンジン全開。
3回裏を三者三振に抑えるなど、完璧なピッチングをみせます。
芳泉も先発の岡村を中心に粘り強い守りを見せますが、関西は6回表に5番田中がタイムリーを放ち追加点、さらに7回表には6番吉田のタイムリーなどで3点をあげるなど終盤で突き放し、5―0で2回戦進出を決めました。

そのほか、Bシードの岡山東商は総社南を下して2回戦進出です。作陽、岡山も2回戦進出を決めています。

香川大会は2回戦3試合です。
観音寺中央と香川高専高松、高松東が3回戦進出を決めました。

夏の高校野球岡山大会が開幕

史上最多となる59チームが出場する夏の高校野球岡山大会が倉敷市のマスカットスタジアムで開幕しました。
午前10時から始まった開会式では去年の優勝校の倉敷商業を先頭に入場行進が行なわれこの夏の大会が初めての公式戦となる就実と倉敷翠松の2校も元気良くグラウンドの土を踏みしめました。
そして59チームの選手を代表して創志学園の福岡導大主将が選手宣誓を行ないました。
初日は、この後1回戦2試合が行なわれ順調に日程を消化すれば26日に甲子園出場チームが決まります。