野球

又吉選手が中日ドラゴンズ入団会見


プロ野球・中日ドラゴンズの入団会見で、香川オリーブガイナーズの又吉克樹投手が、即戦力としてチームに貢献したいと抱負を述べました。

名古屋市内で行なわれた入団会見には、来シーズンから選手兼任で指揮を執る谷繁新監督と8人の新入団選手が出席しました。
背番号16をつけることになった又吉投手は、中日といえば常勝軍団のイメージがある。
1年間一軍にい続けて、先発ローテーションを任される投手になりたいと決意を述べました。
このあと、ユニフォームに着替えて記念撮影に臨んだ又吉投手。
憧れだった、プロ野球選手としての第一歩を踏み出しました。
ユニフォーム姿もりりしい又吉投手でしたけど、このユニフォームは来シーズンから公式戦で使われる新しいデザインだということです。
又吉投手は、来年1月中旬からの新人合同自主トレで練習をスタートさせます。

楽天の星野監督に岡山県知事特別表彰

日本一に輝いた、プロ野球・楽天ゴールデンイーグルスの歓迎式典が、倉敷市のマスカットスタジアムで行われ、星野監督に県知事特別表彰が贈られました。

8日から楽天の秋季キャンプがスタートしている倉敷市のマスカットスタジアム。
10日は、小雨の中で表彰式が行われ、岡山県の伊原木知事から、県民に夢と感動を与えた楽天の星野監督に県知事特別表彰が贈られました。
この後、大勢のファンが見守る中で行なわれた歓迎式典では、星野監督や選手らに、地元特産の和牛肉やブドウ、ワインなどがプレゼントされました。
楽天の倉敷秋季キャンプは途中、メンバーを入れ替えながら11月20日まで行なわれます。

高校野球中国大会 岡山理大付属敗退


来年春の選抜の選考資料となる秋の高校野球中国大会。
岡山勢で勝ち残っている、岡山理大付属が準々決勝に臨みましたが敗れました。

打線が爆発し、初戦を突破した理大付属。
山口大会2位の、高川学園との対戦です。
理大付属は2回裏、先発のエース小寺が高川打線につかまります。
ノーアウト2塁からの5番、朝日のタイムリーなどでこの回2点を失います。
追いかける理大付属は4回表、1アウト1塁2塁で1番木村。
ライトの右に運ぶタイムリーで1点差とします。
しかしその後強力打線が思うようにつながらなかった理大付属。
守備の乱れなどから失点を重ね、6回コールドで敗れました。
倉敷商業は準々決勝、島根の大社高校に7対5で勝ちました。
準決勝は来月2日、マスカットスタジアムで行われます。