野球

倉敷でプロ野球 阪神VS楽天の交流戦

倉敷でプロ野球 阪神VS楽天の交流戦

岡山では今年唯一のプロ野球公式戦となる、阪神対楽天の交流戦が先ほど、倉敷市のマスカットスタジアムで始まりました。

プレーを待つ多くのファンが開門前から列を作りました。
今年から矢野監督が率いる阪神はセリーグ3位につけているものの、ここまで3連敗中です。
トンネル脱出を図ろうと、練習にも熱が入ります。
一方、毎年倉敷で秋季キャンプをはる楽天は、こちらも就任1年目の平石監督のもと、パリーグ首位と好調です。
阪神の守屋投手や楽天の太田選手や小郷選手といった、地元出身の選手の活躍にも期待がかかります。
スタジアムの外では、開門を待ちかねた多くのファンが列を作っていました。

シティライト 大会での活躍誓う

シティライト 大会での活躍誓う

来月7月、東京で行われる都市対抗野球大会の本戦に出場を決めたシティライト岡山硬式野球部の選手たちが、岡山市役所を訪れ、大会での活躍を誓いました。

シティライト岡山硬式野球部の選手など35人が岡山市役所を訪れ、桐山監督が岡山市の代表であることを証明する推薦状を、大森市長から受け取りました。
都市対抗野球大会の本選に岡山市のチームが出場するのは、1972年のクラレ岡山以来47年ぶりのことです。
チームは、先月から今月にかけてマスカットスタジアムで行われた中国地区予選を勝ち抜き、創部12年目で初めて本戦への切符を手にしました。
都市対抗野球大会の本戦は、7月13日から東京ドームで行われます。

智弁和歌山の名誉監督が講義

智弁和歌山の名誉監督が講義

名将は、学生たちに何を伝えたのでしょうか。
岡山市東区の大学で講義をしたのは、智弁和歌山高校の野球部を率いて全国制覇を成し遂げた、高嶋仁さんです。

岡山市東区のIPU環太平洋大学で開かれた講義には、体育学科の2年生、約340人が集まりました。
高嶋仁さんは、智弁和歌山高校などの野球部の監督として、春、夏あわせて38回チームを甲子園に導き、歴代最多の通算68勝をあげ、春1回、夏2回の全国制覇を達成しました。
昨年、監督を退き、今年4月、スポーツに力を入れていて、指導者を目指す学生も多い大学の、特任教授に就任しました。
学生たちに伝えたかったのは、目標の達成まで気持ちがぶれないことの大切さでした。
高嶋さんは、今後、月に1度のペースで岡山を訪れ、キャリア形成や、コーチング論などの講義を行うということです。