野球

今月9日開幕、関西 甲子園へ壮行式

今月9日に開幕の夏の甲子園に出場する、関西高校野球部の壮行式が開かれました。

優勝旗を持った逢澤主将を先頭に体育館に入場した選手たちを、全校生徒が拍手で迎えました。
壮行式では、3年ぶりの夏の甲子園出場を決めた選手たちが一人ずつ紹介されました。
そして、生徒会副会長の岩本篤樹さんが、みんなに元気と勇気を与えるプレーを期待しますと選手たちを激励し、応援団のエールに合わせて全員で校歌を歌いました。
関西ナインは5日、甲子園練習を行ない、6日の組み合わせ抽選会を経て9日の開幕に備えます。

岡山代表 関西、甲子園へ必勝祈願

夏の甲子園は開幕まであと10日です。
岡山大会を制した関西高校の選手たちが、真庭市で必勝祈願をしました。

関西高校野球部が必勝祈願に訪れたのは、真庭市の木山神社です。
木山神社は、ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトをまつる神社で、勝負事の神として知られています。
関西高校は、3年前のセンバツ大会から甲子園への出発前にこの神社で必勝祈願をしていて、3年前の夏の甲子園では学校史上最高のベスト4に輝きました。
夏の甲子園は、8月6日の組み合わせ抽選会を経て、9日に開幕します。

甲子園へ 岡山代表関西が練習再開

夏の高校野球岡山大会を制した関西高校野球部が甲子園に向け、29日、練習を再開しました。

3年ぶり9回目の夏の甲子園出場を決めた、関西高校野球部です。
岡山大会決勝の後、初めての練習になった29日は、ノックや打撃練習などで汗を流しました。
1試合平均8.8得点と、圧倒的な攻撃力で岡山の頂点まで上り詰めた関西高校です。
目指すは、3年前のメンバーが勝ち取った、関西史上最高のベスト4を越えることです。
夏の甲子園は、来月6日の組み合わせ抽選会を経て9日に開幕します。