野球

丸亀城西 甲子園へ壮行会

夏の甲子園に13年ぶり5回目の出場を決めた香川代表・丸亀城西高校の壮行会が開かれました。

香川大会の優勝旗を持った福田直人主将を先頭に丸亀城西ナインが入場します。
大山雅久校長が、「またひとつたくましく成長することを期待して精一杯応援します」と激励し、ナインは、丸亀商業時代から果たせていない夏の1勝を誓いました。
夏の甲子園は8月5日に開幕します。

センバツ おかやま山陽が乙訓と対戦

大会6日目を迎えた甲子園のセンバツ高校野球におかやま山陽が登場しました。
甲子園での初勝利をかけて、京都の乙訓との試合に臨みました。

おかやま山陽ナインが甲子園の舞台に戻ってきました。
今大会、唯一のセンバツ初出場同士の対戦です。
おかやま山陽は、初回から打線がつながりチャンスをつくります。
2アウト3塁でバッターは4番井元。
昨年の夏、甲子園でチャンスに打てなかった雪辱をはたしたかったといいます。
高めに入ったスライダーをレフトスタンドに運び、待望の先制点を奪います。
おかやま山陽、甲子園で初めての得点です。
2000人の応援団で、真っ赤に埋め尽くされたアルプスが沸きます。
しかし、守備の乱れなどから同点に追いつかれると6回表、エース有本投手の甘く入った球を乙訓の打線に捕らえられ、逆転を許し突き放されます。
そして9回裏の2アウト、粘るおかやま山陽は、ランナー2人を置いて3番森下。
しかしショートフライに倒れ試合終了、初勝利にはまたしても届きませんでした。

英明(香川) 国学院栃木と対戦

快晴の甲子園球場で、センバツ高校野球が始まりました。
開会式後の第2試合で、早くも、3年ぶり出場の高松市の英明が登場し、国学院栃木と対戦しました。

3年ぶり2回目のセンバツとなる英明。
初回に1点を失うと、3回にも2アウト1塁2塁の場面でタイムリー3ベースを打たれ3点差に広がります。
英明の反撃は4回ウラ。
満塁のチャンスをつくります。
ここで相手の先発がまさかの押し出し。
思わぬ形で1点が入ります。
さらに、9番中川のピッチャー強襲のライナーが内野安打となり、英明はこの回に2点を奪います。
先発の1年生エース黒河は4回以降は投球が安定。
9回までに三振11を奪う力投で、味方の反撃を待ちます。
1点を追う展開のまま、試合は9回ウラを迎えます。
英明は、2アウトながら3塁1塁のチャンスを作ります。
この場面で、バッターは4番でキャプテンの千原。
あと一歩及ばなかった英明は、初戦で涙をのみました。
春から夏へ。
英明ナインの思いは、すでに新たな舞台へと向かっています。