野球

岡山商大 近藤投手と蔵本投手の激励会

ドラフトで楽天1位指名の岡山商大、近藤弘樹投手です。
ヤクルトから3位で指名を受けた、同じく岡山商大の蔵本治孝投手とともに激励会が開かれました。

岡山市中区で16日開かれた激励会には、岡山商科大学硬式野球部のOBや楽天、ヤクルトの関係者など約200人が集まりました。
岡山商科大学の井尻昭夫学長が「積み重ねた結果で大きな花を咲かせた。2人とも息の長い選手として活躍して欲しい」と挨拶し、近藤投手と蔵本投手の門出を祝いました。
2人は「将来、日本シリーズで投げ合いたい」と夢を語り、プロでの活躍を誓いました。

ソフトボール&野球教室

岡山県のソフトボールと野球の社会人チームによる小学生を対象にしたスポーツ教室が岡山市北区で開かれました。

会場になった岡山市北区の県営野球場には約100人の児童が訪れました。
今回で12回目になるスポーツ教室です。
午前中は、平林金属ソフトボール部で活躍する選手がノックや投球で技術の高さを披露し会場を沸かせました。
午後からは、シティライト岡山の硬式野球部の選手たちによる野球教室も開かれました。

岡山商大の近藤投手 楽天ファン感謝祭に

プロ野球・楽天からドラフト1位で指名され、22日に入団会見に臨んだ岡山商大の近藤弘樹投手が、仙台市で開かれたファン感謝祭に参加しました。

楽天のホーム球場Koboパーク宮城で開かれたファン感謝祭には、約2万1000人が詰めかけました。チームの主力選手に加え、退団が決まっている松井稼頭央選手も参加し、ファンを喜ばせました。ユニフォーム姿の新入団選手10人がグラウンドに現れると、スタンドは拍手と歓声に包まれます。即戦力として期待される近藤投手は、気持ち新たに杜の都での活躍を誓いました。
近藤投手はリーグ屈指の強力な先発投手陣の一角にと、年明けから新人合同自主トレに臨みます。