野球

センバツへ おかやま山陽で出発の会

おかやま山陽では出発の会が開かれ、約120人の生徒がナインを激励しました。

堤監督が、「皆さんの応援を力に変えて、まずは甲子園での初勝利をつかみます」と挨拶し、選手たちは初出場のセンバツに向け気持ちを高めていました。
戦いの舞台に向かう選手たちを横断幕と応援歌で送り出します。
おかやま山陽は、春夏通じての甲子園初勝利を目指し、大会6日目の第2試合で京都の乙訓と対戦します。

センバツ おかやま山陽は京都の乙訓と

センバツ高校野球は今月23日に開幕します。
組み合わせ抽選会が開かれ、初戦は、おかやま山陽は京都の乙訓と、英明は国学院栃木との対戦が決まりました。

大阪市北区で、出場36校のキャプテンらが出席して抽選会が開かれました。
おかやま山陽は、大会6日目の第2試合に京都の乙訓と戦います。
センバツ初出場同士の対戦です。
夏春連続出場のおかやま山陽は、まずは1勝を目指します。
3年ぶり2度目の出場を果たした香川の英明は、大会1日目第2試合に栃木の国学院栃木と戦います。
節目となる90回目の選抜高校野球大会は、今月23日に開幕します。

オープン戦 星野仙一さん追悼の声やまず

プロ野球・楽天の監督などを務めた星野仙一さんが亡くなって、2か月あまりです。
ふるさと、倉敷市で9日始まった楽天のオープン戦には献花台が設けられ、大勢のファンが別れを惜しんでいました。

プロ野球の中日、阪神そして楽天の監督を務め1月4日に70歳で亡くなった星野仙一さんです。
出身地の倉敷市にあるマスカットスタジアムで、9日、楽天のオープン戦が始まりました。
オープン戦に合わせ、スタジアムの入り口近くに献花台が設けられました。
倉敷市の伊東市長や、星野さんの母校倉敷商業高校野球部の森光監督など、関係者が参列し花を手向けていました。
燃える男と呼ばれ大勢のファンに愛された星野さんです。
県外から訪れた人たちも、別れを惜しんでいました。
倉敷美観地区にある星野仙一記念館を訪れる人もあとをたちません。
星野さんが小学4年生の時に母親から買ってもらったグローブなど、ゆかりの品々が並んでいます。
1月には例年と比べて7倍以上の約6000人が、先月も4000人が訪れました。
亡くなって2か月がたつ今も悼む声がやまない、星野仙一さんです。
献花台は11日まで置かれます。