野球

倉敷市 楽天の秋季キャンプ始まる

プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスの秋季キャンプが、倉敷市のマスカットスタジアムで始まりました。

楽天の2軍選手26人が倉敷市にやってきました。
今年で7年連続7回目になる、楽天の秋季倉敷キャンプです。
今月7日には、1軍の選手や梨田監督も合流する予定で、期間中は無料で観覧することができます。
歓迎式では、倉敷市の伊東市長らが出迎え、平石洋介2軍監督と安樂智大選手に花束などが贈られました。
今月11日には、子どもたちへの野球教室も予定されています。
楽天の秋季キャンプは11月19日まで続けられます。

センバツ目指して 秋の高校野球四国大会

来年春の選抜高校野球の参考になる、秋の四国大会2回戦が高知市で開かれました。
中国大会の結果もあわせてお伝えします。

香川大会王者で、シードの英明は高知と対戦しました。
2対2の同点で迎えた5回表、英明はキャプテン千原のタイムリーで勝ち越しに成功します。
さらに中村、山下の連続タイムリーも飛び出し、この回4点を奪います。
6回にも2点を加えた英明ですが7回ウラに先発黒河が崩れます。
打者一巡の猛攻を浴びて5点を失い、1点差まで詰め寄られます。
しかし何とか持ち直した黒河が、8回9回を無得点に抑え英明が準決勝進出を決めました。
四国大会準決勝は、英明と高松商業との対戦となりどちらかが決勝に進むため、香川県勢のセンバツ出場がほぼ確実となりました。

岡山商大 近藤投手 楽天1位指名

プロ野球のドラフト会議が東京都内のホテルで行なわれました。
地元から上位での指名が期待されていた岡山商科大学の近藤弘樹投手は、楽天から1位で指名されました。

午後5時から行なわれたドラフト会議には、セ・パ合わせて12球団の監督らが出席しました。
そして、今シーズンパリーグ3位だった楽天が、近藤投手を1位で指名しました。
近藤投手は広島市出身で、4年生の今シーズンはキャプテンを務めながら岡山商大のエースとして活躍。
150km台のストレートを武器に、チームを春のリーグ戦優勝に導きプロから注目を集めていました。
岡山商科大学で会議の模様を見守っていた近藤投手は、チームメイトの祝福を受けながらプロでの決意を語りました。