野球

岡山大会決勝再試合、山陽が初の甲子園

夏の高校野球岡山大会決勝は、山陽が4季連続の甲子園出場を狙う創志学園を下し、初めての甲子園出場を決めました。

28日、延長11回途中で引き分け再試合となった岡山大会の決勝です。

1回ウラ、ランナーを1・3塁において4番井元がレフト前にタイムリーヒットを放ち先制点を奪います。
さらに満塁のチャンスで、6番小松が三塁線にツーベースヒット。
山陽は、この回一挙4点を奪い、試合の主導権を握ります。

さらに4回のウラ、山陽は先頭打者の7番松岡が三塁線を襲うツーベースヒットを放ち、創志学園の甲子園経験投手、エースの難波をマウンドから引きずり降ろします。交替した秋山投手も攻めたてて、山陽は、この回に3点。7対0と勝利をほぼ手中に納めます。

投げては、山陽の先発、大江がコーナーを突く丁寧なピッチングで、凡退の山を築きます。

7回にも山陽は2点を追加し9対0。創志学園をノーヒット・ノーランのまま9回表、ツーアウトまで追い込みます。

しかし、創志学園は山陽の2番手・有本から2点を奪い、意地を見せます。最後のバッターはレフトフライに打ち取られゲームセット。

史上初めての2日間にわたる決勝を山陽が制し、初の甲子園出場を決めました。

夏の甲子園は、8月7日に開幕します。

高校野球岡山大会 決勝は山陽x創志学園

夏の全国高校野球岡山大会は、倉敷市のマスカットスタジアムで準決勝2試合が行われました。
熱戦の結果、山陽と創志学園が、28日の決勝戦に進みました。

第1試合は、興譲館と山陽の一戦です。
どちらも、勝てば、初めての決勝進出です。
1回ウラ、山陽は1アウト3塁のチャンスで、バッターは3番・森下。
この打球が、相手のエラーを誘い山陽が先制点を奪います。
4回にも1点を追加した山陽に対し、興譲館は、6回表、1アウトでランナーを3塁と2塁においてバッターは5番・梅田。
打球はセンターへの大きなフライで3塁ランナーが返り興譲館が1点を返します。
しかし、8回にも興譲館のミスにつけ込んで2点を加えリードを広げた山陽が、4対1で興譲館を下し初めての決勝進出を決めました。
第2試合は2年連続の夏の甲子園を目指す創志学園と、ノーシードから勝ち上がった伝統校、関西の対戦となりました。
創志が2-0とリードして迎えた7回表、創志は2アウトながらランナーを2塁に置いて、バッターは3番・難波。
関西のエース・物部の失投を見逃さず左中間を深々と破るタイムリー3ベースで、3-0と関西を引き離します。
しかし、関西は7回ウラに1点を返すと8回ウラには1アウト3塁の場面でバッターは3番・物部、ファースト強襲のタイムリーヒットで1点差に詰め寄ります。
再び3点差に広がった9回ウラにも、ホームランが出れば同点の場面を作り粘る関西でしたが、創志の1年生・西が好リリーフで反撃をしのぎ5対2で、創志学園が決勝に駒を進めました。
決勝は、28日午後1時、プレイボールです。

香川・三本松高校 甲子園出場を報告

夏の高校野球香川大会を勝ち抜き、24年ぶりに代表に決まった三本松高校の選手らが香川県庁に甲子園出場を報告しました。

三本松高校野球部の渡邉主将ら7人が、香川県の浜田知事を訪ね甲子園での活躍を誓いました。
浜田知事は、「全力でプレーし、甲子園を沸かせてください」と選手を激励し、バットとボールを贈りました。
香川代表の三本松が挑む夏の甲子園は、来月4日に組み合わせ抽選が行われ、7日から熱戦が繰り広げられます。