野球

香川の三本松ベスト8賭け対戦へ

夏の甲子園、香川の三本松は、18日、東東京の二松学舎大附属と戦います。
三本松はベスト8を目指す中で唯一の公立校です。

午前10時に始まった練習では、そのほとんどをバッティングに費やしました。
対戦相手の左投手を意識した打撃練習を繰り返し快音を響かせていました。
初戦を終えてから肩に張りが残っていたというエース佐藤は、ストレートと変化球を織り交ぜて30球程度を投げ、肩を慣らしていました。
練習場には、香川県の浜田知事も駆けつけ、連勝を目指す選手を激励しました。
三本松は、18日の第2試合で東東京の二松学舎大附属とベスト8を賭けて戦います。

甲子園開会式 おかやま山陽と三本松も行進

夏の全国高校野球が開幕しました。
開会式では、岡山のおかやま山陽と香川の三本松が力強く入場行進しました。

開会式は、午前9時、甲子園球場で始まりました。
台風5号の影響で1日遅れた今年の開会式は、去年の覇者、栃木の作新学院を先頭に全国の都道府県大会を勝ち抜いた49校が北から順に入場しました。
初出場の、岡山代表、おかやま山陽は元気よく行進しました。
また、24年ぶり3回目の出場香川代表の三本松も引き締まった表情で甲子園の土を踏みしめました。
北北海道、滝川西の堀田將人主将が選手宣誓をしました。
おかやま山陽は大会3日目第3試合で福島の聖光学院と、三本松は、6日目第2試合で山口の下関国際と対戦します。

夏の甲子園 山陽と三本松 対戦相手は

夏の甲子園が7日に開幕します。
組み合わせ抽選会が大阪市で開かれ、岡山の山陽と香川の三本松の対戦相手が決まりました。

夏の甲子園初出場の岡山の山陽は、11年連続の福島代表・聖光学院と3日目第3試合での対戦が決まりました。
また、24年ぶり3回目の香川代表、三本松は2回戦からの登場で、初出場、山口の下関国際と6日目第2試合で対戦します。
開幕は今月7日です。