星野仙一さん 野球殿堂入りを語る

プロ野球・楽天などの監督を務め今年1月に野球殿堂入りした星野仙一さんが、ふるさとの倉敷市で改めて喜びを語りました。
生涯、野球と関わっていきたいと意気込んでいます。

星野仙一さんは11日、倉敷市の伊東市長らと倉敷美観地区を訪れました。
倉敷市出身の星野さんは、プロ野球・中日の投手として活躍した後、楽天などの監督を務め2013年には日本一にも輝きました。
野球界の発展に大きな功績を残したとして、今年1月に野球殿堂入りしました。
ふるさとで改めて喜びを語りました。
今後は、子供たちに野球の魅力を伝えていきたいと話します。
生涯、野球と関わっていきたい。
殿堂入りを機に、星野さんは気持ちを新たにしていました。