春の高校野球岡山大会 準決勝

春の高校野球岡山大会は30日、準決勝が行われました。
第2試合の玉野光南対倉敷商業は、終盤に大きなドラマが待っていました。

4対2と倉商2点リードで迎えた9回表。
光南は2アウトながら、3塁と2塁にランナーを置いて倉商の2番手、小引を攻めたてます。
バッターは途中出場の井上。
完璧にとらえた井上の打球は、レフトポール直撃の3ランホームラン!
9回2アウトから光南が逆転に成功しますが、直後の9回ウラ、倉商も1アウト3塁、2塁とチャンスを作り粘りを見せると、ここで6番・金原が外角のボールに食らいついてライトへの犠牲フライ。
3塁ランナーを迎え入れて倉商が同点に追いつき、試合は延長にもつれ込みます。
そして迎えた11回表、光南は2アウトからランナー2人を置いてバッターボックスは先ほどホームランの井上。
今度は左中間に運ぶタイムリー2ベースで。
結局これが決勝点。
3時間半を超える激闘は、光南に軍配が上がりました。
第1試合は、創志学園が興譲館を下しています。
決勝は、今月3日午前10時プレーボールです。