夏の甲子園へ 香川代表に三本松

熱戦が続く夏の高校野球です。
香川大会は23日決勝戦が行われ、東かがわ市の三本松が丸亀城西に勝利し、24年ぶり3度目となる甲子園への切符を手にしました。

三本松と丸亀城西、共に県立高校同士の決勝戦です。
丸亀城西が先制し迎えた5回表。
三本松は1番大久保のタイムリー3ベースで、すぐさま同点に追いつきます。
さらに4番盛田。
ライトスタンドに運ぶ2ランホームラン。
三本松はこの回に4点を挙げ試合をひっくり返します。
投げては三本松のエース佐藤が要所を抑えたピッチングで追加点を許しません。
このあとも得点を重ねた三本松が7対1で勝利。
24年ぶり3度目の夏の甲子園出場を決めました。
野球のできる環境に感謝し、初心に戻ろうと、24日は清掃活動やグラウンド整備をして、25日からの練習に備えました。
出場38校の代表として三本松が挑む夏の甲子園は、来月7日から始まります。