センバツ目指して 秋の高校野球四国大会

来年春の選抜高校野球の参考になる、秋の四国大会2回戦が高知市で開かれました。
中国大会の結果もあわせてお伝えします。

香川大会王者で、シードの英明は高知と対戦しました。
2対2の同点で迎えた5回表、英明はキャプテン千原のタイムリーで勝ち越しに成功します。
さらに中村、山下の連続タイムリーも飛び出し、この回4点を奪います。
6回にも2点を加えた英明ですが7回ウラに先発黒河が崩れます。
打者一巡の猛攻を浴びて5点を失い、1点差まで詰め寄られます。
しかし何とか持ち直した黒河が、8回9回を無得点に抑え英明が準決勝進出を決めました。
四国大会準決勝は、英明と高松商業との対戦となりどちらかが決勝に進むため、香川県勢のセンバツ出場がほぼ確実となりました。