創志学園 2年ぶり2回目の甲子園へ

夏の高校野球岡山大会の決勝が、倉敷市のマスカットスタジアムで行なわれました。
創志学園が、2年ぶり2回目の甲子園出場を決めました。

創志学園は4年連続の決勝進出、対する岡山学芸館は3年ぶりの決勝の舞台です。
1回の表、創志は、1アウト1塁2塁で打席はここまで4試合すべてでホームランを放っている4番・金山。
学芸館の先発はエース金村です。
逆らわず三遊間を破った金山のレフト前ヒットで、2塁ランナーが生還。
この回もう1点を挙げた創志が2点のリードを奪います。
対する学芸館は、2回ウラ、2アウト2塁と創志のエース、西を攻めたてバッターは7番・北木。
右中間への大きな当たりは創志のセンター金谷のグラブの先にぽとりと落ちて2塁ランナーがホームイン。
北木のタイムリー3ベースヒットで学芸館が1点を返します。
その後、創志が2点をあげて4対1で迎えた6回表バッターは創志の6番・中山。
学芸館・金村のストレートをレフトスタンドに叩き込むホームランでリードを4点に広げた創志が試合の主導権を握ります。
何とか反撃したい学芸館ですが、創志の西の切れのいいスライダーと伸びのあるストレートに抑えられ得点を奪えません。
そして9回表、創志の先頭バッターは4番・金山。
変化球をとらえた強烈な当たりはライトスタンドへ突き刺さり、金山の大会新記録となる、5試合連続のホームランで試合を決定づけます。
その裏、最後のバッターを西が三振に打ち取り10対2で学芸館を下した創志が、2年ぶり2回目の優勝で、甲子園への切符を手にしました。