こども園で「ティーボール」教室

野球の楽しさを知ってもらおうと、岡山市北区のこども園で、子どもも楽しめる「ティーボール」の教室を開きました。

日本野球連盟の70周年を記念して、社会人チーム「シティライト岡山」の選手たちが、岡山市北区の岡北学園を訪れました。
「ティーボール」は、ピッチャーが投げるのではなく、台に乗せたボールを打つ野球ゲームです。
参加した25人の園児は、選手からアドバイスを受けながら、慣れないバットを手にバッティングに挑戦しました。
選手の実演も行われ、ボールを遠くに飛ばす姿を見て、子どもたちは驚いていました。
最後に、園児たちにティーボールの道具が贈られました。