高校野球秋の大会創志学園センバツへ前進

来年春のセンバツ出場につながる秋の高校野球中国大会の準々決勝が行われ、創志学園がベスト4進出を決めました。

岡山の創志学園は、広島の崇徳との対戦です。3点を追いかける5回ウラ、1点を返してなおも、ランナー1・2塁。ここで4番西がライト前に弾き返すタイムリーヒット。
この回、同点に追いつきます。センバツ出場のためには負けられない創志学園、8回ウラ、満塁のチャンスにここまで2安打の1番森末。
センター前にはじき返してランナー2人を還します。
これで試合を決定付けた創志学園。
6対4で準決勝進出を決めました。
ほかの岡山の代表校3校は準々決勝で姿を消しています。
創志学園は、来月3日広島の広陵と戦います。