環太平洋大 神宮大会で準優勝

大学野球日本一を決める明治神宮野球大会が開かれ、岡山市東区の環太平洋大学が岡山県勢初の準優勝に輝きました。

創部以来初めての日本一を目指す、環太平洋大学の決勝は、東京の立正大学との対戦です。
1対1で迎えた6回裏、環太平洋大学は相手のエラーなどで満塁のチャンスを作ると、バッターは2年生の梅本。
1、2塁間を破るタイムリーヒットで勝ち越します。
さらに、続く祝出の連続安打などで、この回、一気に3点を奪います。
ところが、2点リードのまま迎えた8回表、1点差に迫られると、ピッチャーの西山がつかまります。
逆転の2ランホームランを浴び、これが決勝点に。
4対6で、惜しくも準優勝です。