幼児期からベースボール体験

幼い子どもにもベースボールなどに親しむことを教えられる指導者を育てようと、岡山市北区の保育園で講習会が開かれました。

日本ソフトボール協会と岡山市体育協会が、岡山で初めて開きました。
アテネ五輪などで日本代表監督を務めた宇津木妙子さんらが園児に、簡単なゲームを交えてボールの扱い方などを教えました。
中国5県からスポーツの指導者ら約30人が集まり、その教え方を学んでいました。
岡山市体育協会では、幼児にも教えられる指導者の不足が課題だとして活動しています。