智弁和歌山の名誉監督が講義

智弁和歌山の名誉監督が講義

名将は、学生たちに何を伝えたのでしょうか。
岡山市東区の大学で講義をしたのは、智弁和歌山高校の野球部を率いて全国制覇を成し遂げた、高嶋仁さんです。

岡山市東区のIPU環太平洋大学で開かれた講義には、体育学科の2年生、約340人が集まりました。
高嶋仁さんは、智弁和歌山高校などの野球部の監督として、春、夏あわせて38回チームを甲子園に導き、歴代最多の通算68勝をあげ、春1回、夏2回の全国制覇を達成しました。
昨年、監督を退き、今年4月、スポーツに力を入れていて、指導者を目指す学生も多い大学の、特任教授に就任しました。
学生たちに伝えたかったのは、目標の達成まで気持ちがぶれないことの大切さでした。
高嶋さんは、今後、月に1度のペースで岡山を訪れ、キャリア形成や、コーチング論などの講義を行うということです。