香川大会 ベスト4激突

香川大会 ベスト4激突

甲子園まであと2つ、熱戦が続いています。
夏の高校野球香川大会は、準決勝2試合が行なわれました。

第1試合では、高松商業と高松工芸が対戦。
3回表、2点をリードする高松工芸はさらに3点を加えます。
点差は5に広がり、高松商業の春夏連続甲子園出場に黄色信号が灯ります。
しかしその裏でした。
高松商業は打者一巡の猛攻で5点を返し、試合を振り出しに戻します。
さらに、4回裏には4番岸本のタイムリーで勝ち越しに成功。
5回には6点を追加し、高松工芸を突き放します。
4回からマウンドに立った高松商業のエース・香川は、7奪三振、無失点の好投。
7回コールドで、高松商業が決勝に一番乗りを果たしました。
第2試合では、投打で尽誠学園を圧倒した英明が勝利を収めました。
決勝戦は、28日午後0時半にプレーボールの予定です。