野球U18W杯に創志学園の西純矢投手

野球U18W杯に創志学園の西純矢投手

8月30日から韓国で開かれる野球の18歳以下ワールドカップの日本代表に、岡山の創志学園高校3年・西純矢投手が選ばれました。

西投手は、150km台のストレートと切れのいいスライダーを武器に創志のエースとして活躍し、今年4月に開かれた日本代表の合宿に参加していました。
夏の岡山大会では準決勝で敗れ、2年連続の甲子園出場はなりませんでしたが、今年の高校3年世代ではプロからも注目される存在となっています。
ワールドカップの日本代表には、このほか、合宿で163kmをマークした岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手や、夏の甲子園で22日の決勝に進んだ石川・星稜高校の奥川恭伸投手なども選ばれています。