創志・西投手 阪神と仮契約

プロ野球のドラフト会議で阪神タイガースから1位指名を受けた岡山市北区の創志学園高校の西純矢投手が、球団と仮契約を結びました。

入団交渉は、岡山市北区のホテルで行なわれました。
創志学園の西純矢投手は、星陵高校の奥川投手や大船渡高校の佐々木投手らとともに「高校生四天王」と呼ばれ、最速154キロの速球と鋭く曲がるスライダーを武器に、2年の夏に甲子園出場を果たしました。
仮契約は、推定で契約金1億円、年俸1200万円、出来高3000万円で結ばれました。
西投手は、12月上旬に、本契約を交わし、入団会見に臨む予定です。